公正証書遺言手続き

当事務所では、紛失、改ざん、要件不備のリスクのない公正証書遺言をお勧めしております。
遺言の内容のご相談から案の作成、証人のご用意までお任せ下さいませ。

公正証書遺言手続きの流れ

1、推定相続人・財産の調査

ご依頼主と初回の簡易な打ち合わせ後、推定相続人調査や、財産調査を行い、
”遺言書”の基礎となる情報を把握します。

        ↓

その際に「戸籍謄本」、「印鑑証明書」、「登記簿謄本」、「固定資産評価証明書」
などの必要書類も取得します。

2、原案の打ち合わせと作成

基礎情報を把握した後、当事務所とご依頼主との間で〔公正証書遺言〕の
内容を綿密に打ち合わせた後に、原案を作成します。

3、公証人と打ち合わせ

作成された原案を、当事務所と公証人との間で最終打ち合わせをします。

        ↓

この段階で、最終的な遺言内容が確定します。

4、公証役場にて最終確認

指定日時に、遺言者が証人2人とともに公証役場に行き、公証人との間にて
遺言内容の最終確認が行われます。

        ↓

内容を確認後、遺言者と証人2人が各自署名、押印します。

5、保 管

〔公正証書遺言〕は〔自筆証書遺言〕とは違い、原本は「公証役場」にて、
正本は「遺言者」にて、謄本は「遺言執行者」にて保管することになります。

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!