遺言書作成の必要性

なぜ生前の間に遺言書作成が必要なのでしょうか?
実はこういった理由があるのです。

1、生前の希望を託す

自己の生前の希望を、家族や知人に託すことが出来ます。

2、遺産相続争いを未然に防ぐ

事前に遺産分割方法を指定することで、家族間の争い事を防ぐことが出来ます。
通常の相続の場合には、相続人全員の署名捺印が必要ですが
遺言書にて遺言執行者を指定しておけば執行者の署名捺印で手続きが出来ます。
後の相続手続きをスムーズにするための大きなメリットと言えます。

3、相続手続きを円滑に

相続手続き時の財産調査など、相続手続きが円滑に進みます。
遺言書の中で主要な財産が書かれていますので財産調査に大きく役立ちます。

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!