遺言の撤回と変更

遺言は、いつでも撤回することが出来ます。
一度作成した遺言であってもいつでも変更できます。

遺言の撤回

遺言者は、何時でも遺言の方式に従って、撤回・変更をすることが出来ます。
遺言を作成した後で、気が変わったり、間違いに気づいたりした場合には、
いつでも撤回・変更が可能です。

※遺言者は、遺言の撤回権を放棄することは出来ません。

推定相続人との間にて、この遺言は二度と撤回しない旨を約した場合であっても、
問題なく撤回することが出来ます。)

法定撤回

遺言を撤回したとみなされてしまう事由

1、前の遺言と抵触する内容の遺言がなされた場合。

2、遺言内容と抵触する行為をした場合。

3、遺言者が故意に遺言書を破棄した場合。

4、遺言者が遺贈の目的物を故意に破棄した場合。

撤回の撤回と取消し

1、撤回の撤回

ある遺言を撤回する第二の遺言、又は行為が、さらに撤回された場合でも、
原則第一の遺言が復活することはありません。

2、撤回の取消し

第一の遺言は復活しないのが原則であるが、詐欺、強迫を理由に取消す場合には、
明らかに第一の遺言に戻る意思があるので、例外的に第一の遺言が復活します。

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!