限定承認ってなに?

『限定承認は三ヶ月以内に!』

どちらかわからない

相続財産が”プラスの財産”が多いのか”マイナスの財産”が多いのか分から
ない場合や、借金などのマイナス財産だけとは言い切れないような場合には、
【限定承認】が有効です。

『限定承認をする場面』

1、限定承認とは

相続人が、相続によって得た財産の範囲内で被相続人の債務や遺贈などの
”マイナス財産”を弁済する限定的な相続承認のことです。
(※ただし、手続きはかなり複雑となってきます)

2、方 法

1、被相続人の、最後の住所地の「家庭裁判所」にて相続開始を知ったときから
3ヶ月以内に
財産目録を調製して限定承認の申述をします。

2、相続人が複数人あるときは、共同相続人全員の共同でなければ、限定承認は出来ません。

3、熟慮期間の3ヶ月は、最後に期間満了する相続人で判断出来ます。

4、相続人が「家庭裁判所」に限定承認の申述を行った後は、5日以内に全ての
相続債権者および受遺者に対し、2ヶ月以上の期間を定めて公告を行うことが必要です。

(※なお、知れている債権者には個別に催告を行います)

3、効 果

1、相続人は、相続によって得た財産の限度内で、被相続人の債務や遺贈などの

”マイナス財産”を弁済します。

2、相続財産と相続人の固有財産とは、分離して清算します。

4、注意事項

1、【限定承認】は、相続人全員一致で行わなければならないため、一人でも

反対者がいる場合には、個別に相続放棄をすることになります。

2、【限定承認】をすると、相続財産を時価で被相続人が相続人に譲渡したもの
とみなされ、被相続人に譲渡所得が課税されます。
(※この場合の譲渡所得は準確定申告によって行われ、その所得税は、
相続税申告の際に、債務控除されます。)

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!