相続人廃除ってなに?

推定相続人の持っている遺留分を含む相続権を剥奪する制度です。

1、相続人廃除とは

  被相続人の意思によって、遺留分を有する推定相続人の相続権を喪失させる制度。

2、要 件

1、廃除されるものは、遺留分を有する推定相続人であること。

2、〈被相続人〉に対する、虐待、重大な侮辱、その他著しい非行等の廃除原因があること。

3、「家庭裁判所」に廃除の請求をすること。〈被相続人〉または〈遺言執行者〉が行います。

3、効 果

1、被廃除者は、被相続人との関係でのみ相続権を失います。
受遺能力も失うことはありません

2、被廃除者が新たな身分を取得した場合は、新たな相続権が発生します。

4、廃除の取消し

〈被相続人〉は、生前の請求又は、遺言により、いつでも相続人廃除の取消しを
「家庭裁判所」に請求出来ます。請求理由は不要です。
(※なお、被廃除者からの請求は認められません)

5、具体例

1、被相続人に対する、虐待・侮辱

        ↓

老齢かつ病床にある父母に対して、生活費も与えず、
「お前達みたいな者は首をくくって死んでしまえ!」等と暴言を吐いた行為。

         

2、推定相続人の著しい非行

      ↓

@大学に入ってから遊びをおぼえ、A麻雀パチンコ等の賭事に明け暮れ、

Bクラブ・スナックに出入りし、C女遊びをして大学を中退し、

D親に無心を繰り返し、E就職するといっては金を強要し、

F結婚するといっては資金を出させる行為。

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!