相続欠格ってなに?

『相続権が当然に喪失してしまう・・・?』

1、相続欠格とは

  相続人の違法行為に対する制裁として、相続権を当然に喪失させる制度。

2、欠格事由

1、故意に〈被相続人〉又は〈先順位若しくは同順位に在る者〉を死亡するに至らせ、
又は至らせようとしたために、刑に処せられた者。

2、〈被相続人〉の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。

3、詐欺又は強迫によって、〈被相続人〉が相続に関する遺言をし、これを取消し、
又はこれを変更することを妨げた者。

4、詐欺又は強迫によって、〈被相続人〉に相続に関する遺言をさせ、これを取消させ、
又はこれを変更させた者。

5、相続に関する〈被相続人〉の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者。

3、効 果

1、上記の相続欠格原因があれば相続権は法律上当然に喪失します。

2、相続欠格者は、受遺能力も失います。

3、真正相続人は、欠格者に対して相続回復請求をすることが出来ます。

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!