相続手続きの必要性

なぜ早めの相続手続きが必要なのでしょうか?
実はこういった理由があるのです。

1、マイナス財産を回避するため

債務、借金などのマイナス財産が多い場合はそれを回避する手続きが必要です。
そしてその相続手続きは、相続開始後、※3ヶ月以内※に行う必要があります。
『単純承認』『相続放棄』『限定承認』等の手続きをします。

2、相続人を特定するため

相続人が多い場合には、気がつけば自分の会ったこともない遠縁の御親戚が
相続人になっていることもめずらしくありません。

        ↓

後に行われる遺産分割協議の準備のためにも、誰が相続人であるかを特定して
きちんと事前準備をしておくことはとても大切なことです。

3、相続財産を処分できるようにするため

相続財産は、相続直後は相続人全員の共有状態となっています。
これは、遺産分割という作業をしなければ名義変更は出来ないのです。

        ↓

つまり預貯金を下ろすことも出来ず、不動産等も売却出来ないということです。
その他、不慮のトラブルが起こる可能性も十分あります。

        ↓

『遺産分割協議』『遺言執行』等の手続きをします。

4、早めの処置で争族を防ぐため

相続手続きをいつまでも放置していると自分の知らないところで相続人が増えていき、
まとまる話もまとまらなくなります。

        ↓

迅速な手続きで、相続人が現在より増えない内に解決しましょう。
(相続人が増えるということは、その相続人の配偶者も事実上関係してきます
ので事態はより複雑になっていきます。)

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!