相続放棄ってなに?

『相続放棄は三ヶ月以内に!』

『知らない間に借金も相続していた・・・』

相続開始とともに、”プラスの財産”、”マイナスの財産”のすべてが
相続人に包括的に承継されます。

例)”マイナスの財産”の方が多い場合

      ↓

借金だけが残るという事態が起こります。
その事態を避けるためには、〈相続放棄手続き〉や〈限定承認手続き〉をとることになります。

不安をお持ちの方は、まずご相談ください。

相続放棄をする場面

早めの行動を!
明らかに”マイナスの財産”の方が多く、借金などの債務だけが残ることがはっきりしている場合や、
他の相続人に自分の相続分を相続させたい場合などには【相続放棄】が有効です。

1、相続放棄とは

相続人が、熟慮期間内に自らの自由な意思によって、一定の手続きに従い全面的に
遺産の承継を拒否することです。

”プラスの財産”も”マイナスの財産”もすべて拒否することになります。

2、方 法

1、被相続人の最後の住所地の「家庭裁判所」にて
相続開始を知ったときから3ヶ月以内に相続放棄の申述をします。

      ↓

3ヶ月の熟慮期間中に相続財産の調査をしますが、限定承認とは違い、
財産目録の調製は不要です。

2、相続放棄は、原則として撤回出来ません。

3、各相続人は、単独で相続放棄が出来ます。

(※熟慮期間は、相続人ごとに起算します)

3、効 果

1、相続開始の時にさかのぼって、初めから相続人とならなかったものとみなされます。

2、代襲相続は生じないことに注意が必要です。

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!