単純承認ってなに?

『気がついたときは・・・』

単純承認

相続開始後、3ヶ月以内に、【相続放棄】や【限定承認】などの手続きを
しなかった場合は、【単純承認】となります。

なにもしないと単純承認!

1、単純承認とは

相続人が、被相続人の権利義務を全面的に承継することをいいます。

2、法定単純承認とは

以下の場合には、意志表示なくとも【単純承認】をしたものとみなされます。

      ↓

1、相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき

2、3ヶ月の期間内に、【限定承認】又は【相続放棄】をしなかったとき

3、相続人が相続財産の隠匿、消費などの背信的行為を行なったとき

3、注意事項

相続人が、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に
相続財産の状況を調査してもなお、相続を承認するか放棄するかを判断する資料
が得られない場合

      ↓

※申立てにより、「家庭裁判所」はその期間を伸ばすことができます。

遺言相続相談所へのお問い合わせはこちらへ。

遺言相続相談所へのお問い合わせ。

遺産相続・遺言書作成のご相談者様からの声

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!